鏡餅には何故ミカンをのせる ?

  • 2018.11.22 Thursday
  • 17:55

 

お正月になると目にする鏡餅。

 

昔から上にミカンが乗ってます。

 

大きさがちょうど良く、見栄えば良いからだと思っていました。


調べてみると、鏡餅に乗せる果物が

リンゴや桃などではダメな理由がありました。


 「橙(だいだい)」が「代々(だいだい)」と同じ読みなので

 「代々家が絶えず繁盛するように」

 という願いを込められています。


ミカンにお正月らしい願いを込めていました。

 

また、橙には種があるため、

「子孫繁栄」の意味も込められているようです。


お正月、縁起担ぎに鏡餅を飾ってみようと思います。

 

みかんは風邪に効くは本当?

  • 2018.11.04 Sunday
  • 17:23

 

「体調が悪いときにミカンが良い」

 

こんなことを耳にしたことがあります。

 

ぐら も体調が悪い時にミカンを食べて回復したような気がします。

 

そう信じてたからなのか?

 

 

実際はどうなんでしょうか?

 

免疫力をUPさせるビタミンCが豊富なので、
風邪予防の効果は大きいそうです。

 

手頃で食べやすいですよね。

 

冬には積極的に食べておきたいです。

 

 

ただ、ノロウイルス発症時には食べないほうが良いそうです。

 

酸味が吐き気の原因になったり、甘みで下痢を起こしやすくなるのだとか。


もうすぐ、ミカンのシーズンです。

 

しっかりと覚えておきたいことですね!

 

 

 

リンゴの生産量 青森県が1番な理由

  • 2018.10.02 Tuesday
  • 13:25

リンゴと言えば、青森県というイメージがあります。

 

実際に調べてみると、リンゴの約58%は青森産で、
「生産量3位の山形県」の9倍以上の数字でした。


何故、青森県がダントツでリンゴの収穫数が多いのでしょうか?

 

もともと、リンゴの木がたくさんあったのか?

 

リンゴが育ちやすい環境が整っていたのか?

 


調べてみると推測していた理由と違っていました。


「青森リンゴの先駆者」と呼ばれた菊池楯衛さんが

「西洋リンゴは貯蔵すれば1年あまり保存できる」と知りました。

 

リンゴの栽培法を学び仲間を集めて「化育社」を設立し、

仲間にその栽培法を広めていきました。

 

青森県では冷害で、

お米の収穫がゼロになることもありました。

 

お米が凶作でも農家の収入が得られる

リンゴが青森県の希望となりました。


それに加えて、水はけのよい土地

リンゴの生育に適した寒冷な気候も重なり、

リンゴの生産No1の県となったようです。


理由を知るとリンゴを食べたくなるのが不思議です。
 

 

 

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

フルーツグッズ

フルーツショップ グラシアス

アニマルズ横丁

アニマルショップ グラシアス

サッカーショップ

卓球ショップ

ボールグッズ

ボールショップ グラシアス

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM