人類最古の果物それはイチジクそれともブドウ?それともバナナか?

  • 2016.11.18 Friday
  • 13:23

人類が果物を栽培しだした歴史はものすごく古く、農耕の歴史とともにあるとさえ言われているようだ。


ここでその最古のものが何だったかが問題になる。


ネットで調べても諸説入り乱れている状態で、候補としてあげられているのが上記のイチジクやブドウやバナナや後はナツメヤシとかリンゴが挙げられている。


一説によると旧約聖書創世記のアダムとイブが食べた禁断の実というのがリンゴではなくてバナナだとか(まあ、実在していない人物が何を食べていようがどうでもいい気もするのだが)。


やがて人々は果物を生で食べるだけでなく、加工することで保存性を良くし通年果物を食べることが出来るようになる。


更にはワインを作るようにもなるのだが、これがまたとんでもなく昔のお話でして紀元前5400年ごろの物と思われる壺からワインの成分が検出されたというから驚きだ。


中東や北アフリカはブドウを栽培するには不適な気候だったため、ナツメヤシが重要な果物でギルガメシュ叙事詩にも登場している。


干したナツメヤシをかじりながら(もし入手出来たならアラックを片手に)遠い昔の砂漠の文明について思いを馳せるのも悪くないかもしれない。
 

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2018.06.22 Friday
  • 13:23
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする