南国からやってきた魅惑の果物マンゴー

  • 2017.01.18 Wednesday
  • 20:49

豊潤な香りと濃厚な味が特徴の南国の果物マンゴー。


日本でも近年人気の高い果物ですが、インドを中心に4000年ほども前から栽培がされていたことが分かっており、古くから人々に愛されてきた歴史があります。


インドでは釈迦(仏陀)の生涯に深く関わった聖なる木を「仏教五木」と言いますが、マンゴーの木はその一つに入っています。


お釈迦様がマンゴーの木の下で野宿をしたという伝説があり、マンゴーは仏教を信仰する人々にとって、神聖な意味を持つ食べ物でもあったようです。


またヒンズー教とも関係が深く、マンゴーは万物を支配する神「プラジャパテイ」の化身とされています。


宗教的儀式にはマンゴーの葉飾りが使われていたようです。


文献によると日本にマンゴーが初めて登場したのは明治時代ですが、水に弱いマンゴーの開花時期が梅雨の時期と重なることから、長らく国内での栽培は難しいと考えられてきました。


しかし1970年代から、雨に左右されないビニールハウス栽培を採用することで、沖縄を中心に本格的な栽培が広がり、今ではスーパーなどで気軽に購入できるようになりました。


沖縄ではマンゴーの収穫最盛期にあたることから7月15日を「マンゴーの日」に制定し、沖縄県産のマンゴーが国内でより広く認知されるようになりました。


今ではマンゴーをふんだんに使用したプリンやパフェなどのスイーツもたくさん出回り、すっかり人気が定着した果物になりました。

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2018.04.27 Friday
  • 20:49
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    フルーツグッズ

    フルーツショップ グラシアス

    アニマルズ横丁

    アニマルショップ グラシアス

    サッカーショップ

    卓球ショップ

    ボールグッズ

    ボールショップ グラシアス

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM